三井物産、富裕層向け病院を展開するIHH社に2,300憶円を追加出資

写真:(c) IHH Healthcare Berhad

三井物産が2018年11月29日に、アジア最大の民間病院グループIHH社に約2,300憶円を追加出資すると発表した。これにより出資比率が32.9%となり、IHH社の筆頭株主になる。IHH社は現在、マレーシアに本社を置き、マレーシア、シンガポール、トルコ、インドなど9か国で富裕層向けの病院を展開している。

三井物産は、ヘルスケア事業を中核事業のひとつに据えており、アジアでの出資に力を入れている。まず、2011年に社内の関連事業をまとめ、ヘルスケアの担当部署を新設。同年にIHH社への出資を開始。その後、中間層向け巨大病院グループのコロンビアアジア社、米国の透析治療会社、国内の糖尿病検査器大手などに出資。ビジネスの拡大を図ってきた。

今回のIHH社への追加出資は、IHH社傘下の病院に関与する機会を増やし、欧米や日本の新しいビジネスモデルの導入、9か国の膨大な患者データを全社で活用できる仕組みの構築など、アジアにおける医療の効率化、高度化に貢献するのが狙いだ。

アジアのヘルスケア市場は、新興国の人口増加や先進国の高齢化などにより年率10%の伸びを示すなど有望な市場として、国内では、三井物産だけでなく、伊藤忠商事、三菱商事、双日、豊田通商など、多くの商社が注目している。

 

当社では、このようなアジア圏における富裕層ビジネスの注目動向をまとめた月例レポート「富裕層マーケティング資料(マーケティングレポート)総合研究所」を毎月販売しています。レポートの詳細やご購入は下記サイトよりお願いいたします。

ウェブサイトはこちら

関連記事

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る