北海道経済産業局によるシンガポール富裕層向け試食会が開催

経済産業省北海道経済産業局では、食の輸出事業を推進しており、その一環として平成31年2月25日(月)に富裕層の多いシンガポールで「北海道・十勝試食商談会」を開催する。本試食商談会では、現地のミシュランガイド星付きレストランの調理師ら11店・11名が十勝の食材を使った和洋のアラカルトメニューを調理して、現地の高級レストランの食材調達決定権を持つ調理師(30名程度)に振る舞うことにより、十勝の食材が持つ価値を伝えていく。

実は、経済産業省北海道経済産業局では、富裕層の多いシンガポールへの十勝の農産物輸出拡大事業の第1弾として、昨年8月に、現地からミシュランガイドで星を獲得したレストランの調理師ら12店・13名を招へいし、十勝の産地を巡る食産業ツアーを開催していたのだ。ツアーでは、畑で収穫された農産物を「⽣」で試⾷するなどし、⼗勝産農産物の価値を伝えた。ツアーに参加したシェフは、「スイートコーンはシンガポールにも出回っているが、⽣で⾷べたのは初めて。⽣で⾷べてもこんなに⽢いものとは知らなかった。」といった感想や「シンガポールにも⽇本産の農産物はあるが、質のいいものを持ち込めるかが重要。⼗勝のものは⾮常に⾼ い品質のものが多いのが分かった」といったコメントや「⽣産者から直接説明を聞けたのは良かった。⾃分のお客さんにも⾃信を持って⾷材の説明ができる。」など、各調理師から、十勝の食材の価値が高く評価され、実際に、じゃがいも、スイートコーン、山わさびなどの商談成約につながった。

今般の試食商談会は、この事業の第2弾として、昨年8月に招へいした調理師が、十勝の食材が持つ価値をプロの技で引き出して伝える「調理師 to 調理師」の取組だ。また、十勝の事業者も渡航し、農産物の魅力や生産にかける思いをプレゼンし、シンガポールの高級レストランにおける十勝の食材利用促進を図っていく。

北海道経済産業局の詳細情報はこちら

 

当社でも、アジア富裕層向けに特産品の販売を拡大していきたいと考えている自治体や企業などを対象に、富裕層アウトバウンドビジネスのサポートを実施しています。まずは下記よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

関連記事

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る