メイコーとアグリメディア、ベトナムでの農業ビジネスに参入

「都市と農業をつなぐ」をコアグリメディアンセプトに新たな農業ビジネスを展開する株式会社は、電子機器製造の株式会社メイコーと共同で、ベトナムでの農業ビジネスを開始すると発表した。首都ハノイの約5haの農地を使い、トマト、ピーマン、空心菜など約20の品目の野菜は全て有機農法で栽培する。日本で有機栽培に関する様々な実績をもつ当社の栽培研究員を農場長として現地に常駐させ、その知見を活かした栽培を行っていくという。

メイコー社にとって農業ビジネスは新規事業となるが、ベトナムでの生産工場運営を通した事業経験の高さを活かし、農地の取得や現地スタッフのマネジメント体制を整えた。2018年2月から試験的に栽培を行っており、今後、本格的に生産する品目の選定、栽培方法の早期確立を目指している。

生産した野菜は、今秋からハノイ市内で販売する。まずは、富裕層や現地駐在員をターゲットにハノイのスーパーマーケットや有機野菜専門店、マルシェなどで販売を計画しています。安心安全の担保が乏しい現地の野菜流通環境の中で、生産から流通までを一貫した“日本ブランド”で管理し売り出すことで、高付加価値の野菜として売り出す。今年度は、栽培体制を確立させ、来年度に本格的に展開。以降は、日本産農産物の現地での販売、人材関連事業、農業体験事業、外食等への展開も視野に入れ、2023年度には売上高14億円まで拡大することを目指す。

メイコーにとって農業ビジネスは新規事業となるが、ベトナムでの生産工場運営を通じた事業経験の高さを活かし、農地の取得や現地スタッフのマネジメント体制を整えた。2018年2月から試験的に栽培を行っており、今後本格的に生産する品目を選定するとともに、栽培方法の早期確立を目指す。

 生産した野菜は、今秋からハノイ市内で販売する。まずは富裕層や現地駐在員をターゲットに、ハノイ市のスーパーマーケットや有機野菜専門店、マルシェなどで販売する計画。安心安全の担保が乏しい現地の野菜流通環境の中で、生産から流通まで一貫した「日本ブランド」で管理し、高付加価値の野菜として売り出す。

参照:株式会社アグリメディア / 2018年6月28日 ニュースリリース

ルート・アンド・パートナーズでは地方創生や日本版DMOをはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。


関連記事

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る