マレーシアの人口・首都・通貨について

マレーシアの人口

 

マレーシアの人口は約3078万人(2015年)。
中国系及びインド系を除く他民族を含むマレー系の民族が約67%をしめ、残りは中国系が約25%、インド系が約7%となっています。
下の図は、日本の人口と比較した図です。
human
引用画像:http://ecodb.net/exec/trans_country.php?type=WEO&d=LP&c1=MY&c2=JP

マレーシアの言語

 
言語はマレー語を国語に中国語やタミール語、英語が使われています。
ちなみに、国旗の赤と白のボーダーはマレーシアの13の州と首都クアラルンプールを表現していると言われています。
malaysia-162351_1280

マレーシアの首都

 
マレーシアの首都、首都連邦領クアラルンプールです。
petronas-twin-towers
↑首都のクアラルンプールにあるペトロナス ツイン タワーと言われる超高層ビルです。
クアラルンプールの意味はマレーシア語で「泥が合流する場所」という意味で、マレー半島南部の丘陵地帯にあり、一般的な略称はKLです。
南アジア有数の世界都市で、高速道路や市内鉄道があるほか高層ビルが立ち並んでいます。市街地は清潔で治安もよく、ビジネスや文化政治などを対象とした世界都市ランキングでは東南アジアでバンコクやシンガポールに次ぐ第4位を獲得している近代都市となっています。

マレーシアの通貨

 
マレーシアの通貨はリンギットと言います。MYRまたはRMで記されています。
banknotes
リンギットはマレー語で「ギザギザな」という形容詞。マレーシア・ドルは英訳で、シンガポールドルやブルネイ・ドルもリンギットと呼ばれるため区別するためにマレーシア通貨の公式名称はリンギットマレーシア(略称はRM)が使われています。

関連記事

  1. インドネシアの物価水準

  2. モルディブでの交通手段と治安

  3. シンガポール日本人会の概要と特色について

  4. 歴史から見る避暑地と富裕層ビジネス

  5. 富裕層インバウンド戦略で押さえておきたいフィリピン富裕層

  6. タイに新たな富裕層向け超高級住宅地を開発