マレーシアの主要都市の基礎情報

マレーシアの基礎情報

 

東南アジアの中央にあるマレーシアは、マレー半島とサバサラワク州から成り立っています。
国土面積は日本の約9割の広さに、日本の約16%の人口が住んでいます。
国土の約6割が熱帯雨林に覆われ、さまざまな動植物が生息する島です。
マレーシアの主要都市は、首都のクアラルンプールです。マレーシアで最大の都市でもあり、
象徴とされるペトロナス・ツイン・タワーなどの高層ビルが建ち並ぶ近代的都市に向かっています。
petronas-towers-480672_1280

その一方で、イギリス統治時代に建てられた歴史的建造物も保存され、新しい物と古い物で調和された魅力的な街です。
近代化が進むクアラルンプールは、電気や半導体などの製造業や石油関連企業などの海外の企業進出も多く、
日系企業は900社ほどあり、日本人在住者は約6,000人となっています。
日本のデパートや飲食店も多数あり、暮らしていくには不自由はまったくありません。
市内移動も、地下鉄やバス、鉄道も整備され便利になっていますし、治安も良く安心して好きなところに行くことができます。
水は日本のように水道水を直接飲むことはできませんが、飲食店でも沸騰させて利用しています。物品の購入には、6%の消費税がかかります。
クアラルンプールには、世界の名立たる高級宿泊施設が建ち並んでいます。一度は宿泊してみたいと憧れる高級宿泊施設も、日本より安く宿泊できるため、日本人の利用者は多くいます。

関連記事

  1. 北海道経済産業局によるシンガポール富裕層向け試食会が開催

  2. 独占取材! 世界中の富裕層フェラーリオーナーを魅了する「フェラーリ・チャレンジ」

  3. モルディブへの移住と不動産購入の注意点

  4. 本土の富裕層は思っている以上に豊かだ

  5. アジア人富裕層に仮想通貨を購入させる方法

  6. インドネシア富裕層の購買の特徴(2)