マレーシアの歴史と公用語

マレーシアの歴史

 
マレーシアは、東南アジアにある国のひとつで元々貿易が盛んであったことから、多くの人種が移民として来たことが国家を形成するきっかけです。
またオランダやイギリスの占領地になったことで、ヨーロッパ的な思考も徐々に根付いていったというような様相も見られ、現在の多民族国家の基礎が出来上がったのです。

発展自体は植民地の影響もあってやや遅れがちでしたが、現在ではアジアのフロンティアのひとつとして経済発展が著しい傾向も見られるようになっています。そして宗教においてはイスラム教が大部分を占めるため、神聖な寺院やお祈りといった文化もまだまだ残されているのです。

マレーシアの公用語

 

そして、マレーシアの公用語は基本のマレー語です。最近では英語を流暢に話す人も増えてきています。
貿易で栄えた国のイメージが根強いため、多彩な言語と常に関わってきた背景もあるわけです。
こういった過去の歴史に触れていくことで、マレーシアについていろいろな知識を得ることにもつながるのです。日本人にも優しい「親日的」国でも知られています。

関連記事

  1. プノンペン「ラ・アトレ ボンケンコン」が着工

  2. アフターF1の富裕層向けパーティ「アンバーラウンジ」を朝まで体感

  3. サイアム商業銀行、富裕層の資産運用でスイス金融大手と合弁会社設立

  4. 10年単位で考えたいカンボジア進出

  5. インドネシア富裕層の購買の特徴(2)

  6. カンボジア金融機関のポイントと銀行口座開設への道