マレーシアでのビザの種類や取得方法

3ヶ月以内の滞在はビザは不要

 
マレーシアで観光を目的とした3ヶ月以内の滞在であれば、基本的にビザは不要です。
観光ビザと業務ビザのが概要になっていく場合はまずは2つを切り離してしっかりと確認しておくことが重要です。
業務など長期的な目的で入国していくならば、ビザは必要になる場合が大半であり、一般的な就労以外でも結婚や学生専用などいろいろなものが用意されています。細かいルールも同時に課されていくことになり、日本で申請をするならば大使館を通じての手続きが基本となります。
マレーシアでのビザの種類について事前に理解しておけば、「いざ出発」という風になった際にはスムーズなやり取りが可能になっていくのです。
その一方で、出入りが自由で専門的な人に与えられるスペシャリティーなマルチビザも現在では発行されています。
取得方法についてはホームページでの確認が必要になりますが、いずれにしても発給までには1か月かかるので余裕を持って申請することが鉄則です。
ちなみにロングステイの場合のビザ取得方法は、パスポートの有効期限にも大きく関係していくため、最長でどれくらいの期限かで内容も変わっていきます。日本人に好意的な誠意を見せるマレーシアは、老後の生活にもピッタリなのです。

関連記事

  1. 中国人富裕層の香港離れが加速、脱税防止制度の影響大

  2. 富裕層が牽引するインドネシアの電子決済事情

  3. タイ富裕層オススメのバンコクのレストラン

  4. Bangkok Experience Gift / バンコク体験ギフト

  5. 台湾・馬祖(マソ)島のカジノ計画とは

  6. プーケット富裕層マーケティングのポイント:タイの富裕層をマーケットする