インドネシア不動産投資についてのメリットとデメリット

インドネシアは東南アジアの中で今後大きく経済発展が期待されている国です。
首都ジャカルタを中心として都心部の多くでは住宅建設ラッシュになっています。
インドネシアはここ数年で不動産市場も急速に成長していることから、外国人だけでなくて現地人にも不動産投資対象国として非常に魅力的な国とされています。

不動産投資には多くのメリットとデメリットがあり、インドネシアの不動産投資にも同じことが言えます。

インドネシアでの不動産投資のメリットとして、総合的な地価が他のアジア地域よりも安いことが上げられます。インドネシアは家屋の建築費が大変安いことで知られます。また、今後現地人の将来的な不動産ニーズが極めて高く、現状のインドネシアの高い成長率を見ても分かるように、若年層の不動産投資ニースがまだまだ上がってくるため今後は短期転売が非常に魅力的になると予測されています。

しかし、デメリットとしてはインドネシアでは外国人が合法的に土地を所有することは現在不可能で、借地権のような形態で保有するか、現地人の名義貸しによって所有するため外国人は不動産売却時に、名義に絡むトラブルに巻き込まれるケースが多くなっています。また、発展国のため先進国と比べて不動産に関する情報量が少なく、これから投資を考える人にとっては情報を集めるのも苦労をすることはデメリットのひとつとして上げられます。

関連記事

  1. 高島屋、バンコク在住富裕層をターゲットとした「サイアム高島屋」をオープン

  2. 中国の富裕層向け介護サービスの進出が日本での需要を追い越す勢い

  3. シンガポールにSixSenseが登場、SixSense Duxtonオープン

  4. ジャカルタで住友商事、東急不動産などが高層マンション開発

  5. 日本式教育のFC保育園

  6. シンガポール企業の動向とビジネスチャンスが広がる日本市場参入