シンガポールにてプライベートバンク口座開設する時の注意点

シンガポールは富裕層向けの移住先として人気がありますし、相続税対策としてシンガポールへ資金を移す計画をしている人も多くいます。日本人のエージェントを通してプライベートバンク口座開設ツアーもありますが、注意点があります。
シンガポールにてプライベートバンク口座開設するセミナーが日本で開催される事があります。
セミナーは日本人が講師を行っている事もあり信用度が高まります。セミナー終了後に口座を開設するツアーに申し込みをし、実際にシンガポールに訪れ、シンガポールに法人設立をすすめられそのまま設立したところプライベートバンクの開設ができなかったという事があります。
シンガポールでのプライベートバンク口座開設トラブルが増えていて、トラブルは口座開設後に潜んでいます。
トラブルに巻き込まれる人の多くが日本人エージェントが絡んでいて、プライベートバンカーが絡んでいるとさらなる被害を受ける事になります。
バンカーを信頼しきっていると自分でバンカーに言われたまま決断する事になっています。
バンカーの提案が本当によい方法なのか、プライベートバンカーすべてが優秀ではありません。自分で判断できる情報や知識が必要になります。

関連記事

  1. インドの関係者ら来県・視察沖縄で富裕層向けのリゾートウエディングを提案

  2. カンボジアのプライベートバンクの将来性と画期的な口座開設

  3. マンダリンオリエンタル今後のアジア地区におけるホテル新規開発計画

  4. 止まらない中国メインランド富裕層の香港不動産所有熱

  5. ベトナム企業が日本市場参入を決意する背景と今後の動向

  6. モルディブでの交通手段と治安