シンガポールのロータリアン

今回のシンガポールは、日本のロータリークラブのシンガポールのロータリークラブの業務提携のお手伝いなどで、シンガポールのロータリアンとの知人が多くできた。日本でも感じていたことだが、海外のロータリークラブ会員はやはりすごい家に住んでるものだな、と改めて感じた。チャイニーズニューイヤーであることもあって、ローヘイという食事の儀式を3度体験、中国人や香港人もいたので聞いてみたところ、いや、わたしの国にはない風習ね、という。魚を中心とした運の向く食材を、長い箸で皆でよいしょよいしょと持ち上げ落とすのでかなりテーブルが汚れてしまう、、、が、これもまた運の広がりを意味するのだそう。世界は広い。同時期にインド人のお祭りタイプーサムも行われており、道は大渋滞。イベント時期のシンガポール交通事情にはとかく注意が必要です。相手国のホリデーも念頭に。

関連記事

  1. シンガポール

    第1回「はじめてのシンガポール進出マーケティング」【東京会場】(終了しました)

  2. 増え続けるアジアの富裕層が狙う東京の不動産

  3. ファーストクラス以上の客室シンガポール航空のスイート

  4. Singapore Now!

    シンガポールオススメ情報 Singapore Now Vol.1

  5. シンガポールの会員制倶楽部「ストレーツ・クラン」設立

  6. シンガポールのルミネが現地「富裕層と大衆層の中間層」に大きな期待