シンガポールのルミネが現地「富裕層と大衆層の中間層」に大きな期待

富裕層と大衆層の間にある「中間層」のマーケットに大きな可能性があると語ったのは、ルミネの新井良亮相談役。
ルミネは2017年11月にシンガポールに出店。特質なのは、約930平米のショップで、「アッシュペー・フランス」「トゥモローランド」「マッシュスタイルラボ」など、ルミネに入っているアパレル企業の中から約20ブランドの商品を買い付け、セレクトショップとして展開する試みを行ったことだろう。

また20ブランドのうち17ブランドは東南アジアおよびシンガポール初登場のもので、独自性を出すことを目指という。
その後、2018年12月にジャカルタと、ルミネが海外ショップを展開し、真のグローバル化が始まる時代に向けての戦略を掲げた。そしてあえてアジアへの出店を決断したこと。30代を中心とした若手社員に任せることで、次の時代に向けた力をつけてほしいと考えたこと。本件をある意味での練習ととらえ、ひたむきに練習を続けることが成果につながっていくこと。新井氏の未来向かう熱く力強い想いを感じる瞬間であった。

記事元(日経BP社)はこちらから

関連記事

  1. Singapore Now!

    シンガポールオススメ情報 Singapore Now! Vol.2

  2. 北海道経済産業局によるシンガポール富裕層向け試食会が開催

  3. シンガポールに倣う 「おもてなし」をお金に変える仕組み

  4. 富裕層の多いシンガポールで神戸産食品を1カ月PR

  5. シンガポール

    第1回「はじめてのシンガポール進出マーケティング」【東京会場】(終了しました)

  6. 国際結婚

    人生の新たな一歩を国際結婚で Mayumi Boelens