マレーシアの名物料理と伝統料理

様々な名物&伝統料理

多民族国家マレーシアの名物料理と伝統料理には様々な種類があります。
マレー系では、スパイシーなチャーハン、ナシゴレンや、ピーナツソースが美味しい焼き鳥や焼き羊のサテー、ココナツミルクご飯ナシレマ、たっぷりのハーブとココナツミルクで肉を煮込んだレンダン等が人気です。

↑ピーナツソースが美味しい焼き鳥や焼き羊のサテー
画像引用:http://melakajp.com/best/b29.html
豚肉なら中国系です。中国各地の料理はもちろん、マレーシア発祥の中国料理、漢方ハーブのブタ煮込みバクテーや、ローストダック、手打ちの平麺パンミー等もあります。

↑バクテー
画像引用:http://tonyjsp.com/food/yatai/menu-08.html

羊肉ならインド系です。一般にレストランでは北インド、屋台では南インドの料理が味わえます。
マレーシアの屋台ではカレーはバナナの皮に盛られて出てきます。
ニョニャ料理は、マレー人と中国人の結婚から生まれた料理で、マレー風春巻きのポピア、ハーブのきいたふわふわかまぼこのオタオタ、五香粉と湯葉を使った揚げ春巻きロバ等が有名です。

レストランの平均金額

ホテルのレストランの平均金額は、昼は2000円位、夜はお酒代を入れて5000円程です。
ショッピングセンターでは、色々な民族の様々な料理の店がずらりと並んでいます。
ショッピングセンターのレストランの平均金額は1300円位です。
マレーシアでは市場に買い物に来る人も多く、市場の周辺にはたいてい食堂や屋台が出ています。
屋台の食事で市場の平均価格と言えば、飲み物をつけて1000円位です。

関連記事

  1. 富裕層にとって当たり前のスイートルームが不足している日本のホテル事情

  2. クールジャパンのシンガポールに対する動向について

  3. 中国人富裕層もターゲットに、新潟米の輸出が8年ぶりに再開

  4. 台湾経済の動向と日本が手掛けるクールジャパン計画

  5. カンボジアのMICEの情報

  6. カンボジア

    カンボジアの不動産投資状況