百年住宅 ベトナム富裕層向け住宅の工法ライセンスを現地企業に供与

百年住宅(静岡市)は、コンクリート住宅を効率よくつくれる同社の工法(WPC工法)のライセンス権を、ベトナムのローカルデベロッパー、サイゴンインベストメント(ホーチミン、SIV社)に4月13日付で供与した。ベトナム南部のムイネーでリゾート分譲を進めているSIV社と協力し、WPC工法による高品質な住宅を別荘として現地富裕層向けに販売する。別荘は一戸建て形式で延床面約70坪の2階建て、2019年8月には50棟~100棟が完成する予定だ。

今年の夏までにコンクリート製造工場をSIV社の所有地内に整え、百年住宅の日本人技術者を派遣してPCパネル製造の工場設計・施工手法などのノウハウを提供する。PCパネルの品質の要となる枠型は百年住宅が日本で製作したものを現地工場に投資する見通しで、百年住宅はSIV社に対し2021年までの3年間、ムイネー近郊の15省に限りライセンス権を与えるとしており、SIV社はリゾート開発地以外の地域でもWPC工法の建物の販売が可能となる。百年住宅はWPC工法の建物一棟完成ごとにロイヤリティを受け取る。

関連記事

  1. インドの富裕層は現在33万人!10年後には200%増の見込み

  2. シンガポール建国50周年記念イベントがAmber Loungeで開催

  3. カンボジア

    カンボジアの不動産投資状況

  4. 新しい会員カードで、100万人の富裕層メンバーシップ増を目指すカントリークラブ

  5. アジア富裕層から人気を博すMade in Japan製品

  6. 美容への関心が高いインドネシア富裕層