インドネシアの到着ビザ以外のビザの種類

到着ビザ以外のビザをご紹介

1回のみの渡航

商談・取材、研究、興行
滞在可能期間:30日
他のビザと違い、空港でも購入可能です。滞在期間、目的により価格は変わります。

ビジネスビザ

業務・視察・会議
滞在可能期間:60日
1年以内であれば何回でも入国可能です。

一時滞在ビザ

駐在や就労、退職者、留学、駐在員家族同行
滞在可能期間:2年間

仕事でインドネシアに渡航する場合のほとんどが、ビジネスビザと一時滞在ビザの就労目的ビザになります。
2〜3日間の視察や会議などには慣例的に到着ビザが使われています。
ここで一番注意が必要なのは、ビジネスビザと就労ビザの違いです。
ビジネスビザは、視察や会議を目的なので、工場内に入り生産や修理といった作業はできません。
例えば、生産トラブルなどで急遽日本からビジネスビザや到着ビザで入国した出張者が作業や修理はできません。
必ず就労ビザが必要です。入国管理局は近隣のホテルと繋がっていて、ホテルに提示した際にパスポートをコピーし、工場まで立ち入り検査します。
最悪の場合、送還されるケースもあるみたいです。

関連記事

  1. 富裕層の多いシンガポールで神戸産食品を1カ月PR

  2. インド富裕層がラグジュアリーレジデンスをどんどん購入する理由

  3. 新しい会員カードで、100万人の富裕層メンバーシップ増を目指すカントリークラブ

  4. 設立26年目を迎えたプーケット日本人会の概要と特色

  5. 富裕層に人気がある中国の不動産購入

  6. 台湾日本人会の概要と特色について