マレーシア企業による日本市場参入の動向について

マレーシアは東南アジアにある比較的大きな国で、マレー半島に位置しています。シンガポールに近いことなどから、東南アジアの国の中では、工業や商業が発達している地域です。英語と中国語が使用されており、ビジネスにおいても、重要度の高い地域だと言えるでしょう。

そして、マレーシア企業の動向について見てみると、日本市場参入の動きが見られます。マレーシア国内の工場などでは、日本市場向けの工業製品を大量に生産しているのです。身近な電気製品などを見てみると、マレーシアで製造された旨の記載がなされていることがよくあります。
マレーシアは日本と比べて物価が安く、良質な労働力が多いため、日本市場向けの工業製品を作りやすいのです。
マレーシア産の工業製品は性能も良く、使っていて不便することはほとんどありません。
こういったマレーシア企業の日本市場参入は、だいぶ前から行われていましたが、近年ではその傾向がより顕著に顕れています。
日本企業の中にも、マレーシア国内に工場などを建設して、現地で人材を確保して生産活動を行っているところもあります。
またマレーシア企業に部品などを発注している企業も多いです。今度もマレーシア企業の日本市場参入は進むものと見られます。

関連記事

  1. タイ人富裕層調査から考えるアジア富裕層との付き合い方

  2. 台湾のビザの種類

  3. 日本人向け教育施設が充実していて各学年の就学率が高いマレーシアの教育制度について

  4. アジアの富裕層は世界最速ペースで資産を拡大中

  5. 鯖江の眼鏡で富裕層と貧困層の教育格差の是正に貢献

  6. メイコーとアグリメディア、ベトナムでの農業ビジネスに参入