マレーシア企業による日本市場参入の動向について

マレーシアは東南アジアにある比較的大きな国で、マレー半島に位置しています。シンガポールに近いことなどから、東南アジアの国の中では、工業や商業が発達している地域です。英語と中国語が使用されており、ビジネスにおいても、重要度の高い地域だと言えるでしょう。

そして、マレーシア企業の動向について見てみると、日本市場参入の動きが見られます。マレーシア国内の工場などでは、日本市場向けの工業製品を大量に生産しているのです。身近な電気製品などを見てみると、マレーシアで製造された旨の記載がなされていることがよくあります。
マレーシアは日本と比べて物価が安く、良質な労働力が多いため、日本市場向けの工業製品を作りやすいのです。
マレーシア産の工業製品は性能も良く、使っていて不便することはほとんどありません。
こういったマレーシア企業の日本市場参入は、だいぶ前から行われていましたが、近年ではその傾向がより顕著に顕れています。
日本企業の中にも、マレーシア国内に工場などを建設して、現地で人材を確保して生産活動を行っているところもあります。
またマレーシア企業に部品などを発注している企業も多いです。今度もマレーシア企業の日本市場参入は進むものと見られます。

関連記事

  1. 日本版IRはシンガポールの先例を吸収せよ

  2. 業界全体で富裕層サービス等の向上を目指す、ホテルマネージメントサミット2018開催

  3. 台湾のビザの種類

  4. ロングステイでもショートステイでも注目が集まるマレーシア

  5. 2019年、プーケットに新たな富裕層向けリゾートが開業予定

  6. カンボジアに対するクールジャパン戦略の動向について