サムイへの直行便が日本市場参入しない理由とその動向について

サムイ島はタイの南部にある島で、島全体にヤシの木が生い茂っていることからココナッツアイランドとも呼ばれている島です。
ハワイやグアムが観光地として非常にポピュラーになり、どんどん近代化されている中で、サムイは自然をそのまま残していることが特徴で、多くの癒しを求める観光客が訪れる場所となっています。
しかし、日本から行く場合には直行便が無く、タイで乗り換えていかなければいけない点が大きな障壁となっています。
その大きな理由はサムイが自然保護のための方針を貫き、日本市場参入を控えている点にあります。
サムイの魅力は自然あふれる環境にあります。そのため観光地としては高い人気を誇っています。
しかし、観光客が増えたことで自然が脅かされてしまうことはハワイやグアムが実証済みで、そのためより多くの観光客を維持しつつ海外からの直行便を極力減らすことで自然が維持されることを保っているのです。
この動向はサムイだけではなく自然を売りとする多くの観光地で行われており、それでも多くの観光客が訪れています。
直行便を遭えて用意せずに観光客を呼ぶ動向は一見日本市場参入を控えているようにも見えますが、実は日本の旅行市場に対する新たな市場参入方法として注目されています。

関連記事

  1. 中国人富裕層が求めているのは爆買いから独占買いへ

  2. シンガポールオススメ情報 Singapore Now Vol.1

  3. サムイ島の動向と不動産投資に前向きな日本のクールジャパン

  4. カンボジア金融機関のポイントと銀行口座開設への道

  5. 海南島が富裕層ヨットの寄港場として2025年の完成目指す

  6. アジア人富裕層に仮想通貨を購入させる方法