ベトナムにある日本人学校の特徴

仕事の都合等で家族でベトナムに住んでいると言う人がけっこういますが、小さい子どもがいる場合には現地にある学校に通わせる必要があります。
最近ではベトナムにも日本人学校があり沢山の子どもがそこで学んでいますが、しっかりとしたカリキュラムを組んで授業をしているところが大半なので安心して大切な子どもを通わせることが出来ます。
このようなベトナムにある日本人学校の特徴としては、24時間セキュリティーシステムを万全にして子どもの安全を確保しているところにあります。
残念ながらベトナムは日本と比べて決して治安が良いとは言えないので、しっかりとしたセキュリティシステムで子ども達の安全を守っています。
そのおかげで両親は安心して子ども達を日本語学校に通わすことが出来るのですが、それ以外にもベトナムの人達と様々な交流を行っているところが多いです。
そういったことを地道に行うことによって日本人とベトナム人との交流が広がるのですが、日本人学校はその役目も果たしているのです。
また家族が日本に戻った時に日本の学校に通っても授業に付いて行けるように、授業はしっかりと行ってくれるのでその点は安心できます。
このようにベトナムにある日本人学校には様々な特徴がありますが、毎日楽しくそこに通っている子ども達が沢山います。

関連記事

  1. スリランカの今後の動向や経営者が着目するクールジャパン

  2. フルン総合研究所、中国の富裕層消費インデックス2018を発表

  3. 中国人富裕層が買い求めるメイドインジャパンの仏壇とは

  4. タイ

    タイの不動産投資状況

  5. 日本式教育のFC保育園

  6. モルディブでの交通手段と治安