ベトナムで銀行口座開設するポイントと注意点

ベトナムで銀行口座開設する方法ですが、短期駐在ビザでも開設は可能です。
ベトナムの銀行に行くと受付のカウンターがあり、入り口に設置してある機械から整理券を取って待つというのは、日本とほぼ同じです。
自分の順番が来たら、カウンターの上の電光掲示板に番号が表示されます。同時に、自分の番号が呼ばれますから、カウンターに行ってください。
銀行口座開設のための申込用紙が渡されますから記入してください。記入した申込用紙と一緒にパスポートやビザなどの本人確認ができるものを提出して、手続きにかかる費用を払えば、銀行口座開設は完了です。手続きには1週間ほどかかり、指定された日時にATMカードを受け取りに行きます。

次に、ベトナムで銀行口座開設をする際に注意するポイントですが、一般的にビザの有効期限は問われませんが、ビザの有効期間内のみとされていますから、短期駐在ビザの場合は、口座開設を断られるケースがあるようです。なお、ベトナムの銀行には昼休みがあるので、手続きする時間帯に注意が必要です。
土曜日は、朝だけ開いているところも多いようです。ベトナムの銀行は支店によって取扱いが大きく異なる場合があるため、詳細は銀行口座開設をする銀行でご確認ください。

関連記事

  1. カンボジアに永住するには!?

  2. インドネシア富裕層の購買の特徴(2)

  3. 北海道新聞社タイのサイトで道産食材を富裕層へ向けてPR

  4. シンガポール

    「メジアンリスト」が示すシンガポール視点での富裕層アプローチの重要性

  5. シンガポールにてプライベートバンク口座開設する時の注意点

  6. 台湾とは