台湾日本人会の概要と特色について

台湾日本人会は台湾に在住する日本人のサポートをしていますが、台湾日本人会の概要は次のとおりです。
まず、台湾日本人会は1961年に会員同士の親睦と福祉の促進ならびに日台親善を目的に設立されました。
会員資格として、台湾に在住する20歳以上の日本人であることです。
これには個人会員および夫婦会員、また台湾に事務所を有する日系法人(法人会員)であることも含まれています。
台湾日本人会の特色として、年に一度の定期総会があり理監事会を設けてそれぞれの役員が活動をしています。
それ以外に委員会と部会が組織の運営を支えています。

この委員会には以下の分野があります。
1.安全対策委員会
2.台北日本人学校運営委員会
3.台中日本人学校運営委員会
4.高雄日本人学校運営委員会です。

部会においては
1.総務部会
2.婦人部会
3.文化部会
4.ゴルフ部会
5.会報部会
6.日台交流部会です。
台湾日本人会の日本人学校の運営についてですが、こちらは1972年の台湾と日本の国交が停止したことを受けて、日本人会を母体とする私立の学校として存続している状態です。そのため台北・台中・高雄の各都市に小学校と中学校があります。
各委員会と部会とも現地在留邦人の充実した生活と安全の確保に努めています。そして日台の友好のために交流活動もしており、現地の日本人のみならず両国の友好発展のために尽力しています。

関連記事

  1. アジア第2位の日本企業進出国「タイ」

  2. 中国人富裕層の海外不動産投資事情、仮想通貨は元を凌ぐか?

  3. 新興国の動向と日本市場参入を計画するスリランカ企業

  4. モルディブの文化

  5. プーケットへの移住を考える際にはまず日本との比較を

  6. タイ政府、高収入の外国人富裕層向け4年間滞在可のビザを導入