カンボジア経済特区

カンボジア経済特区

経済特別区(SEZ)とは、経済発展のために法的、行政的に特別な地位を与えられている地域を指します。
カンボジアでは2005年に経済特別区制度が導入されました。
SEZ進出企業は適格投資案件(QIP※)に与えられる通常の優遇措置に加え、全ての業種において付加価値税(VAT)が免除されます。
現在カンボジア全土に7地区の経済特区があり、21か所が認可を受けています。
cambodia36

※QIP:Qualified Investment Project、適格投資プロジェクト

関連記事

  1. 21名の超富裕層、無一文だった頃

  2. ジェック経営コンサル、伊勢丹バンコクと連携しタイ富裕層向けに文化体験ツアーを販売

  3. ハラルミートの飛騨牛をイスラム圏へ輸出開始

  4. 東南アジアの富裕層獲得に向けた大分県の秘策とは

  5. マレーシアの歴史と公用語

  6. 台湾日本人会の概要と特色について