中国富裕層における教育事情

目覚ましい経済発展を続ける中国では、子供に対する教育の費用の掛け方も大きく変わってきていると言います。どこの国の親でも子供には、「頭の良い子になってもらいたい」「勉強が出来る子にしたい」などの願いを持つのは当然です。中国でも例外ではなく、家庭教師をつけたり大都市を中心として贅沢な教育が受けられる幼稚園があり、富裕層を中心として通わせる親が増えています。そこの幼稚園では、年間保育料が役380万円で一般幼稚園と大きく異なる事で中国メディアでも話題になりました。

カナダの教育システムを導入しフィジカルを重視し質の高い教育をカリキュラムに取り入れ、指導陣も各専門分野のエリートや外国人講師などの優秀な人材が揃っています。一般家庭では通わせるのは当然難しい学費で、学力でも大きな差が生まれるのが確かです。中国では近年まで「一人っ子政策」を行っていたので、子供に多くのお金を掛ける事が可能な環境です。子供にお金を掛ける事は将来の投資と考えている親が多く教育熱心となっています。

関連記事

  1. ジェック経営コンサル、伊勢丹バンコクと連携しタイ富裕層向けに文化体験ツアーを販売

  2. 百年住宅 ベトナム富裕層向け住宅の工法ライセンスを現地企業に供与

  3. 富裕層インバウンド戦略で押さえておきたいフィリピン富裕層

  4. 英国伝統校の進出が相次ぐマレーシア

  5. モルディブの文化

  6. フルン総合研究所、中国の富裕層消費インデックス2018を発表