シンガポールにて銀行口座開設するための注意点

シンガポールで銀行口座開設をする時には、一番使いやすい場所にある銀行に行きインフォメーションカウンターにて口座を開設したい事を伝えます。
口座開設する時には予約などは必要がなく、営業時間中に銀行に行き必要書類が揃っていれば問題なく口座開設する事が可能です。
整理券を受け取って順番を待ち、番号が来たらカウンターに行くという日本と同じ方法です。

口座を開設するために必要な書類はパスポート、シンガポールで発行されたIDカード、郵送されたオフィシャルレター、デポジットです。
郵送されたオフィシャルレターとは、シンガポールの労働省から届いた手紙などが無難ですが、他にも光熱費や電話、クレジットカードの請求書でも大丈夫です。必要書類があれば簡単に口座開設する事ができますが、注意点はデポジットが必要になる点です。デポジットは最低預け金金額となり、預金残高が設定された金額より下回ると毎月一定の口座維持手数料を取られる事になります。
請求書などは住所の証明として必要です。住所の証明が必要な理由はシンガポール居住者以外は口座を開く事ができないという点から書類を提出します。
もともとは住所を持っていない人でも口座開設は可能でしたが、現在は方針がかわり必要になります。

関連記事

  1. ベトナムにプライベートバンクの口座開設をして資産を守る

  2. アジア第2位の日本企業進出国「タイ」

  3. 日本メディカルケアー

    シンガポールの日本人向け“かかりつけ医”

  4. 海外輸出の促進に千葉県知事がトップセールス

  5. スリランカの美しさと文化を体験 Rosyth Estate House

  6. シンガポールの不動産投資におけるメリットとデメリット