マレーシアで銀行口座開設する時の注意点

マレーシアで銀行口座開設する時の注意点は、以下のとおりです。
一つ目は、「観光ビザではできない」。
長く滞在する予定がなければ、開設はできません。
ただし、「セカンドホームプログラム(最大で10年まで滞在可能)」などで長期滞在することを証明できれば、開設できることはあります。
その際は、賃貸契約書などを求められることがあります。
二つ目は、「どの銀行を選べばよいか」。
金利はだいたい同じなので、大手を選べばよいでしょう。
支店やATMが多いので、使いやすいからです。
ただし、日本語が通じる銀行はごく少数です。
三つ目は、「何が必要なのか」。
名義人のパスポート・長期滞在を証明する物が必要です。
各行には備え付けの申込用紙があるので、必要事項を書き込み、パスポートのコピーを添付して提出してください。
本人確認は、印鑑ではなく署名で行うので、パスポートと同じ物にしておきましょう。
四つ目は、「口座の種類について」。
普通預金・定期預金・当座預金の3種類があります。
最低預入金は、銀行によって多少差はあるものの、普通預金であればRM250、定期預金であればRM5,000、当座預金であればRM1,000~5,000くらいが相場です。

関連記事

  1. カンボジアで不動産購入する場合の注意点

  2. リンギ安で日本とタイへ不動産投資移行

  3. 三井物産、富裕層向け病院を展開するIHH社に2,300憶円を追加出資

  4. 今話題のリゾートワールドカジノの概要とその特徴とは

  5. 中国富裕層の人気移住先トップ10

  6. シンガポール人富裕層へのデプスインタビューから、日本のアジア富裕層マーケティングのヒントを探る