【体験記】リゾートワールドカジノに行ってきた!

前回は「マリーナベイサンズカジノ」について書きました。
記事はこちら

概要

場所

住所は「8 Sentosa Gateway, Sentosa Island」です。
セントーサ島へ行くにはタクシーがおすすめです。
タクシー乗り場を出て、すぐ左側にエスカレーターを上った左側にカジノがあります。

営業時間

営業時間は24時間です。「マリーナベイサンズカジノ」と同じですね!

ドレスコード

「リゾーチワールドカジノ」は「マリーナベイサンズカジノ」と同じくドレスコードに関しては厳しくないです。
こちらも半袖、短パン、ビーサンを履いてカジノに入ることができました。

入場方法

まずカジノに入るにはシンガポールに住んでいる方以外は「パスポート」の提示が必要です。パスポートを提示して、21歳以上であり、本人だと確認されれば入場することができます。

構造

2フロアで構成されています。
B1M階のみVIP専用エリアとなっていますが、その他は普通に入れます。

ゲームの種類

◯テーブルゲーム
バカラ(欧州委員会&ノン委員会)
ブラックジャック(株式会社新ブラックジャック・スイッチ)
カリビアンスタッドポーカー
クラップス
マネー・ホイール
パイガオ
ポーカー
ポンツーン
プログレッシブテキサスホールデムポーカー
プログレッシブスリーカードポーカー
ルーレット(株式会社ダブルゼロルーレット)
タイサイ
3枚(非委員会)

◯電子テーブルゲーム
電子ルーレット
電子シックボー
電子バカラ(非委員会)

初心者でもやりやすいブラックジャックはいつの時間に行っても混んでいる印象を受けました。

◯スロット
2400以上あります。

ドリンク

ペットボトルの水やコーヒーやジュースが無料で飲むことができます。
「マリーナベイサンズカジノ」に比べるとドリンクの種類は少ないと思います。

2つのカジノに行きましたが、どちらとも行ってみると良いと思います。
「マリーナベイサンズカジノ」の方が初めての方には入りやすい印象を受けました!
どちらのカジノおすすめです!ぜひ実際に目で見て、カジノを体験してみてください!

関連記事

  1. マレーシアの物価水準と地域別に見る「マレーシアとは?」という疑問

  2. シンガポール企業の動向とビジネスチャンスが広がる日本市場参入

  3. プーケットで不動産購入をする場合の注意点

  4. 三井物産、富裕層向け病院を展開するIHH社に2,300憶円を追加出資

  5. オクスリー・ホールディングスがプノンペンで高級ヴィラ型住宅を開発

  6. バンコクでの日本市場参入の動向について