アジアの富裕層は世界最速ペースで資産を拡大中

写真:©Adobe Stock
インドや中国の富裕層増加が著しい昨今、アジアの富裕層は、世界のどの地域よりも早いペースで資産を増やしている。

キャップジェミニが発表したワールド・ウェルス・レポートによると、経済成長の加速と株式相場の上昇などに伴い、世界では計70兆2000億ドルと過去最高を更新したという。なかでもアジア太平洋地域の純資産額(個人)は2017年に約15%増加し21兆6000億ドル(約2370兆円)だった。なおレポートによると、対象となる個人は、投資可能資産100万ドル以上の保有している超富裕層と定義している。

アジアでの億万長者の増加を受け、DBSグループ・ホールディングスやクレディ・スイス・グループなどの金融機関は同地域内でプライベートバンキング業務の拡大を進めている。中国やインドなど、アジアの新興市場が成長の原動力となり、世界の富は2025年までには100兆ドルを上回るペースで増えるものとみられている。

参照:Bloomberg

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層向け情報をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. 富裕層向け総合金融サービスにBigTechが参入準備を開始

  2. スリランカの法人設立と結果で見えてくるメリットとデメリット

  3. プーケットで不動産購入をする場合の注意点

  4. マリーナベイサンズカジノ概要とリゾートカジノの特徴

  5. 富裕層向け金融サービスと台湾ビジネスの動向そしてMICE

  6. 台湾のビザの種類