10年間法人税免除&就労ビザに苦労なし! マルチメディアスーパーコリドーステータスのIT企業向け優遇制度を活用する

MSCステータスはIT起業の切り札に

ここ数年マレーシアでIT起業する日本人が増えています。
それもそのはず、マルチメディアスーパーコリドーステータス(MSCステータス)を活用すればマレーシアでの就労ビザ取得がとてもラクになるからです。

注意したい点は、MSCステータスはIT産業にしか現時点で適用されない、ということ。
本業がIT産業でない場合は2種類の決算書を当局に提出しなければなりません。

しかしながらモノは考えようです。
自社のITビジネスをマレーシアで立ち上げる、と考えれば、MSCステータスの魅力がさらに増すことになります。
外資100%でもMSCステータスの申請が可能だからです。

法人税免除期間が10年の長期に及ぶほか、なんといっても嬉しいのは就労ビザ取得に大きなチカラを発揮してくれることです。
物価は日本やシンガポールと比較すれば知れているので、海外でITビジネスの経験を積みたいと考える若い労働力を日本から呼び寄せることができることが最大のメリットでしょう。

もちろん、MSCステータスの取得にはハードルがあります。
申請期間も3か月から1年に及ぶこともありますし、申請書類も膨大です。
MSCステータスを取得した暁には政府指定の場所にオフィスを引っ越す必要もありますし、人件費はともかくも居住費は今やマレーシアでも無視できないコストとなるなどデメリットもあるのは確かです。
四半期ごとに財務報告をしなければならないことも間接コストとしてのしかかってきます。

とはいえ、すべての外国人にビザの発給が物理的には可能となるので、マレーシア人より人件費が抑えられるミャンマーやインドネシア、ネパールなどの国からIT産業に挑戦したい人材を発掘する手段ともなります。
利用を考えない手はない、と断言できるライセンスです。

関連記事

  1. 新しい会員カードで、100万人の富裕層メンバーシップ増を目指すカントリークラブ

  2. ヒューマングループ、現地富裕層向け保育園をジャカルタに開設

  3. Chbar Ampovに富裕層向けヴィラ型住宅

  4. マンダリンオリエンタル今後のアジア地区におけるホテル新規開発計画

  5. 日本人向け教育施設が充実していて各学年の就学率が高いマレーシアの教育制度について

  6. バンコクでの日本市場参入の動向について