英国伝統校の進出が相次ぐマレーシア

エプソムカレッジマレーシアに世界初の分校

2012年8月にジョホールバルに開校したマルボロカレッジに続き、2014年9月に開校したエプソムカレッジ。
どちらもイギリスの伝統校で、エプソムカレッジはマレーシアが世界初の分校です。

マレーシアが「イスカンダル計画」で世界中から教育機関の誘致に力を入れていることもありますが、イギリスのエプソムカレッジ本校でマレーシア人が多く学んでいるということもあります。
エアアジアのCEOトニー・フェルナンデス氏の母校でもあり、彼はマレーシア校の理事長にも就いています。

日本からも、英国式教育を受けさせたい方が増えていて、マルボロカレッジだけで1,000人程度、その内100人程度が教育移住とも言われています。
教育もインターナショナル化が進んでおり、マルボロカレッジとエプソムカレッジは選択肢として外せない2校と言っても過言ではありません。

関連記事

  1. 富裕層向け金融サービスと台湾ビジネスの動向そしてMICE

  2. 中国人富裕層の海外不動産投資事情、仮想通貨は元を凌ぐか?

  3. アジア富裕層の大半は自身が100歳まで生きると予想している

  4. 台湾の治安と交通手段

  5. バンコク現地法人設立にあたってのメリットとデメリット

  6. ベトナム企業の動向やビジネスチャンスが広がるクールジャパン