英国伝統校の進出が相次ぐマレーシア

エプソムカレッジマレーシアに世界初の分校

2012年8月にジョホールバルに開校したマルボロカレッジに続き、2014年9月に開校したエプソムカレッジ。
どちらもイギリスの伝統校で、エプソムカレッジはマレーシアが世界初の分校です。

マレーシアが「イスカンダル計画」で世界中から教育機関の誘致に力を入れていることもありますが、イギリスのエプソムカレッジ本校でマレーシア人が多く学んでいるということもあります。
エアアジアのCEOトニー・フェルナンデス氏の母校でもあり、彼はマレーシア校の理事長にも就いています。

日本からも、英国式教育を受けさせたい方が増えていて、マルボロカレッジだけで1,000人程度、その内100人程度が教育移住とも言われています。
教育もインターナショナル化が進んでおり、マルボロカレッジとエプソムカレッジは選択肢として外せない2校と言っても過言ではありません。

関連記事

  1. サムイ島の法人設立と住まいに関するメリットとデメリット

  2. 台湾経済の動向と日本が手掛けるクールジャパン計画

  3. 観光シーズンへの投資とベトナムの不動産に関する特徴や和僑会HCM

  4. ベトナム企業の法人設立案と状況から判断したメリットとデメリット

  5. 北海道新聞社タイのサイトで道産食材を富裕層へ向けてPR

  6. シンガポール

    「メジアンリスト」が示すシンガポール視点での富裕層アプローチの重要性