再春館製薬所タイでの販売開始

写真:©再春館製薬所/Domohorn Wrinkle Experience Space
再春館製薬所は、タイで基礎化粧品「ドモホルンリンクル」のしわ・シミ専門の基礎化粧品8点のを販売すると発表した。価格は1,800~4,500バーツ(約6,170~1万5,400円)で、日本と同水準に設定した。

海外での販売は3カ国目で、東南アジアでは初めて。熊本の本社では電話やインターネットを通じて注文を受け付け、日本から発送しバンコク東部バンナーの倉庫で保管し、注文から3日以内にはタイ全土に配達できるようにする。

コールセンターにはタイ語対応のスタッフ13人を置き、バンコクのスクンビット・ソイ24には「ドモホルンリンクル・エクスペリエンス・スペース」も開設し、商品を実際に体験できる場やカウンセリングサービスを提供する。リピーターが顧客の大半を占める特徴を持つドモホルンリンクルの販売では、顧客との長期的な関係構築が重要になるため親日であり日本製品を好む傾向が高いことがタイでの販売となった。

ドモホルンリンクルの成長を後押ししているのは海外事業であり、2011年に香港、12年に台湾で販売を開始し順調な売り上げを維持しているという。現在は7~8%の海外売上比率を将来的にはを30%に拡大したい考えだ。

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層マーケティングリサーチのほか、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. 東南アジアの富裕層獲得に向けた大分県の秘策とは

  2. 台湾にある日本人学校の特徴について

  3. サムイへの直行便が日本市場参入しない理由とその動向について

  4. 本土の富裕層は思っている以上に豊かだ

  5. 超富裕層マレーシア人の約43%が海外不動産への投資に関心

  6. タイのセントラルグループがロングステイの富裕層を対象にプーケットに商業施設を開店