日本市場のさらなる開拓に期待

タイ国政府観光庁(TAT)は、2018年5月18日にアメージング・タイランド・ラグジュアリー・ロードショー in 東京 2018を開催した。

タイ国内からゴルフ場や施設、クルーズなど22社のサプライヤーが来日し、日本国内の富裕層など質の高い旅を求める旅行者向けの旅行素材を紹介する商談会で、1年中楽しめる観光素材があることを強みとして訴えつつ、上質な旅をめざすお客様にタイに来て欲しいとアピールした。

2017年の日本人訪問者数が154万人と前年比7.3%増となり、日本とタイ間の路線の増加なども後押しし、約2200億円の経済効果があったという。

日本市場のさらなる成長が期待できることから、タイ国政府観光庁の福岡オフィスを再開することを発表した。2年前にタイ国政府観光庁は福岡から一度撤退しているが、現在は大阪から西日本全域を担当している方針を改め、旅行会社や航空会社と密接な関係を築き、さらなる市場の拡大を狙う。

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層向けインバウンドや地方創生などの富裕層マーケティングリサーチのほか、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. タイ人富裕層調査から考えるアジア富裕層との付き合い方

  2. カンボジア

    カンボジアの富裕層マーケットを考える

  3. マンダリンオリエンタル今後のアジア地区におけるホテル新規開発計画

  4. 業界全体で富裕層サービス等の向上を目指す、ホテルマネージメントサミット2018開催

  5. SAMUI島内厳選のスパリゾート3選

  6. MICEの候補地として観光客を増加させるマレーシアの動向