モルディブの名物料理

モルディブの名物料理

最近はリゾート目当てに訪れる方も多いと思います。そこで気になるのが、「食」だと思います。そこで今回はモルディブの名物料理についてご紹介いたします。
モルディブの食の名物はというと、マフスニというロシ(ナンのようなパン)にカツオフレークやココナッツなどをまいた物や、バジヤというサモサのような食べ物、そして小麦粉を米状にしたハンドゥグラ、チリフィッシュ、などの料理と、主食となるものはリハ(カレーのようなもの)、マスロシ(魚が入ったパン)、マスパイ(魚をまぶしたチャーハンみたいなもの)、そしてカツオが入ったスープやイスバグルという飲み物などが有名です。インドの影響かカレーのようなものや、島国なので魚料理が多いようです。(写真:サモサ)

食事の平均金額

気になるモルディブでの食事の平均金額はリゾートですと1人10000円/一日くらいかかり、朝食で1000円以上、昼食で4000円くらいが平均なようです。しかしフルボードというツアー料金+食べ物代込み設定ですと飲み物代だけで済むので割とお得です。なのでモルディブの市場の平均金額はとてもお安いとは言えないのと(首都マーレは若干お安い)リゾートは特にお高い設定ですのでツアーで食事込み料金のものを選んだ方が良いでしょう。

関連記事

  1. マレーシア

    アジア富裕層マーケティングの肝は旅行ビジネス

  2. シンガポール

    シンガポールの幼稚園事業最大手マインドチャンプス、210億円のファンドを設立、38億円の資金を調達

  3. 中国の富裕層は不動産投資を行っています

  4. シンガポールの不動産投資におけるメリットとデメリット

  5. タイ

    タイの富裕層をマーケットする

  6. 利益がなくてもビリオネア-中国人富裕層がどんどん生まれる背景とは