モルディブでの交通手段と治安

モルディブの人口は約40万人


モルディブはインド洋に浮かぶ小さな諸島の名前であり、島国でもあります。モルディブ諸島は南北に細長い諸島であり、1200にも及ぶ数の島が26の環礁の中に存在していますが国土面積は全て合わせても小豆島の面積153.30 km²のおよそ2倍弱程度の面積の300k㎡程度しかありません。人口は約40万人弱で首都のマレに人口のおよそ25%ほどが暮らしています。

 

 

モルディブでの交通手段


モルディブでの交通手段は、島同士を結ぶボートなど海の交通が主流となります。環礁から別の環礁へ渡るにあたって活躍するのがボートです。また、水上飛行機を利用してリゾート地へと移動することもあります。

 

 

 

モルディブの治安


モルディブの治安についてですが、まずリゾート地においては外から侵入してくる可能性についてはほぼ皆無といっていいくらいです。一応、貴重品からは目を離さないようにする必要はありますが治安面では確保されています。安心してゆったりと過ごすことができます。
モルディブでの犯罪の多さについても多くはありません。のんびりとした気分で過ごすことができ観光客に人気があります。ただし、首都マーレ及びモルディブを代表する空の玄関口であるフルレ国際空港の中においては不特定多数の人々が集まりやすい場所ですので通常の海外旅行並みに配慮しておく必要はあるといえるでしょう。

関連記事

  1. ヒューマングループ、現地富裕層向け保育園をジャカルタに開設

  2. 新興国の動向と日本市場参入を計画するスリランカ企業

  3. Srilanka Experience Gift/スリランカ体験ギフト

  4. 日本文化をアジア富裕層向けにパッケージング。茶室輸出で勝負する

  5. アフターF1の富裕層向けパーティ「アンバーラウンジ」を朝まで体感

  6. SAMUI島内厳選のスパリゾート3選