ベトナムにプライベートバンクの口座開設をして資産を守る

海外に口座を開設してお金を預けることで自分の金融資産を分散させると、リスク分散にもなります。何より魅力的なのはその金利の高さです。
ベトナムの定期金利がおよそ12%と高金利になっています。よって資産を持っていてなおかつもっとお金を増やしたい人はベトナムにプライベートバンクの口座開設をします。プライベートバンクでは顧客から集めた資産をプロが運用して管理してくれるというメリットもあります。
口座開設を自分でするのが難しい場合、海外口座開設サービスのコンシェルジェを頼ってください。
現地の通貨で持つとなると為替レートが気になるところですが、そうした不安に対しても丁寧にサポートしてくれます。
日本の定期預金に預けていてはインフレにより逆に通貨価値が下がってしまう可能性もあります。
リスクを取るのであれば、少しでも価値が上がる可能性のある外貨や利息の高い金融機関に預けることで自分の資産を守ることができます。
余裕資金を運用するという目的でもプライベートバンクは役に立ちますし、自分の視点がグローバルになります。
低金利の今こそ外国に目を向けるべきです。
かつて日本が経済成長を遂げたように、海外にはまだまだこれから成長が見込める国がたくさん存在します。

関連記事

  1. シンガポールに倣う 「おもてなし」をお金に変える仕組み

  2. アジア富裕層の日本に対する関心などを継続的に調査するコンソーシアム「アジア富裕層マーケティング研究会」第2期募集開始のお知らせ

  3. 海南島が富裕層ヨットの寄港場として2025年の完成目指す

  4. インド富裕層がラグジュアリーレジデンスをどんどん購入する理由

  5. シンガポール、高級コンドミニアムの売れ行きが良好?

  6. シンガポール日本人会の概要と特色について