中国トップの就職サイト51jobのCEOが、世界の億万長者番付にランクイン

写真:©Adobe Stock
Bloomberg億万長者ランキングに新星のごとく現れたのは、中国トップのオンライン就職サイト51job Incの最高経営責任者のRick Yan(リック・ヤン)氏だ。

51jobとは、中国196都市で求人情報事業を中心に展開する中国の人材ソリューションのリーディングカンパニーだ。日本でいうところのリクルートといったところだ。いままで国際的な億万長者のランキングに登場したことのないヤン氏は現在55歳で、上海に本拠を置く同社の20.8%の株式を保有。15億米ドルもの資産を保有しているといわれている。

ヤン氏(55歳)は香港大学で工学および哲学の学位を取得し、フランスのInseadビジネススクールでMBAを取得した。以前はベイン&カンパニーで11年間働いていたが、2000年に51jobの初期投資家として最高経営責任者(CEO)として入社した。
リクルートは上場後に株式を一部取得していたが、2018年に入り株式の4割を取得したと発表され、今後求人において世界をリードしてくとみられている。また中国国内だけでなく、オンラインでの求人需要は増加しており、このトレンドは続くものとみられている。

参照:South China Morning Post

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層向け情報をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. バンコク現地法人設立にあたってのメリットとデメリット

  2. カンボジアの教育制度

  3. タイに新たな富裕層向け超高級住宅地を開発

  4. 不動産業界で本格化するアジア富裕層の取り込み

  5. シンガポール人富裕層へのデプスインタビューから、日本のアジア富裕層マーケティングのヒントを探る

  6. シンガポールで法人設立することのメリットとデメリット