プーケットのあるタイで進められているクールジャパンの動向

リゾート地として有名なプーケットのあるタイは、日本人には馴染み深い東南アジアの国です。
現地の人々も日本人には友好的で、親日国としても知られています。
そんなタイでも、日本のクールジャパン政策は進められています。
バンコクを始めとする各地でクールジャパンイベントが開催されていて、これまでにもマンガや音楽、食文化など、様々なジャンルの日本文化が紹介されてきました。
また、イベントでは日本の文化を紹介するだけでなく、商談会も合わせて開催されています。
これにより、バンコクやプーケットなどに進出したい日本企業をサポートし、現地の企業や団体との架け橋にもなっているのです。
これまでの動向により、タイでのクールジャパン政策は一定の成果を上げてきました。
その結果、タイでは日本ブームが巻き起こり、日本のラーメンがブームになったりしています。
また、テレビでは日本旅行のCMが放送されるまでになり、日本人がタイのプーケットに旅行するように、日本まで旅行に行く対人の人々も増えているのです。
クールジャパンは日本文化を紹介するだけでなく、日本の魅力を伝えて興味を持ってもらい、国内の観光産業を潤す効果もあることをタイで証明しています。

関連記事

  1. リンギ安で日本とタイへ不動産投資移行

  2. 新しい会員カードで、100万人の富裕層メンバーシップ増を目指すカントリークラブ

  3. シンガポール進出研究会をご活用ください

  4. サムイ島の法人設立と住まいに関するメリットとデメリット

  5. バンコク現地法人設立にあたってのメリットとデメリット

  6. マレーシア

    アジア富裕層マーケティングの肝は旅行ビジネス