Chbar Ampovに富裕層向けヴィラ型住宅

写真:©OXLEY HOLDINGS LIMITED
プノンペン中心部、National Assembly Streetに大型商業施設付きコンドミニアム「The Bridge」(2018年オープン予定)を手掛けているオクスリー・ワールドブリッジが、プノンペンの南部でマス富裕層や外国人投資家をターゲットに新たな開発に着手しました。

総事業費、約1億1,000万米ドル(約120億円)を投じ、メコン川沿いのChbar Ampovにカンボジアで初めての人工ビーチを備えた高級ヴィラ型住宅「The Palms」(2020年完成予定)を建設予定で、約200戸の高級ヴィラとエレガントなクラブハウスを含む60以上の施設が計画されています。

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層に人気のブランドの富裕層マーケティングリサーチのほか、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. ヒノキヤグループ、ホーチミンで住宅開発

  2. シンガポールオススメ情報 Singapore Now Vol.1

  3. 海南島が富裕層ヨットの寄港場として2025年の完成目指す

  4. カンボジアに永住するには!?

  5. Bangkok Experience Gift / バンコク体験ギフト

  6. タイのセントラルグループがロングステイの富裕層を対象にプーケットに商業施設を開店