カンボジアに対するクールジャパン戦略の動向について

クールジャパン戦略は世界に日本の独自文化や食文化を広め、世界の文化交流を活性化するとともに停滞する日本経済を活性化する一つの市場拡大を新興国を中心とする世界に求めるために2016年に企画された国家戦略です。
その中でも東南アジア地域の新興国は重要な舞台となっており、様々なテストマーケティングが進められている動向が有ります。
東南アジア諸国は古くから日本との交流が深く、深い親交を築いている面が強いため非常に友好的で、日本の文化を吸収し自国の発展に役立ててくれている経緯もあることから、現地ではクールジャパン戦略は高く評価される傾向にあり、また様々な要望も発生しています。
カンボジアに対しては日本の食文化を紹介するフェアやアニメの上映会などが日本政府主導で進められており、非常に好評を博しています。特にアニメは既に日本の作品が多数現地語に翻訳されテレビなど放送されている経緯があり、今後カンボジアを舞台にした作品なども企画される方向にあることや、日本のタレントのカンボジアでの公演なども増えており、文化交流が促進される方向にあります。
今後も継続的にイベントなどが計画されているほか、その成果によっては様々な日本の流通企業がカンボジアに進出することも考えられ、非常にその動向が注目されています。

関連記事

  1. フィリピンの不動産投資で押さえておきたいポイント

  2. インドネシア不動産投資についてのメリットとデメリット

  3. 超富裕層マレーシア人の約43%が海外不動産への投資に関心

  4. 世界的なスモールラグジュアリーホテル Uga Ulagalla

  5. タイ政府、高収入の外国人富裕層向け4年間滞在可のビザを導入

  6. 東南アジアの富裕層獲得に向けた大分県の秘策とは