リンギ安で日本とタイへ不動産投資移行

マレーシアの不動産コンサルタント会社プライム・インターナショナル・プロパティーズは、国内の富裕層が海外の不動産投資で、日本とタイに注目していると分析している。

マレーシアの富裕層の不動産投資はオーストラリア、英国、シンガポールが中心となっているが、リンギ安の進行でこれらの市場での投資が難しくなっている。これらに代わり最も購入しやすい価格がマレーシアと近い日本、タイの不動産にシフトしつつあるという。

特に注目を集めているのはバンコクで、外国人観光客が多いことから、これらの人々に短期で貸し出す不動産を購入する人が増えていると指摘している。

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層マーケティングリサーチのほか、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. 英国伝統校の進出が相次ぐマレーシア

  2. タイ富裕層オススメのバンコクのレストラン

  3. タイ人富裕層調査から考えるアジア富裕層との付き合い方

  4. 止まらない中国メインランド富裕層の香港不動産所有熱

  5. 富裕層向け総合金融サービスにBigTechが参入準備を開始

  6. 増え続けるアジアの富裕層が狙う東京の不動産