マレーシアの不動産投資状況

マレーシア

マレーシア不動産市場の特徴

マレーシアではアラブ諸国からの投資が多く、安定的な成長を見せていました。
それは、マレーシアが石油や天然ガスの資源国であること、イスラム教であることが大きな要因です。
しかしながら、近年の原油価格低迷により、成長に陰りが見られるようになってきています。
ここ数年人気だったクアラルンプール中心部の不動産でも、最近は日本人投資家の話題に上らなくなっているのが実情です。

 

不動産投資メリットデメリット

【メリット】
1. 高成長や人口増加を背景に高リターンが期待
2. 外国人でも土地付住宅・コンド共に購入・所有が可能
3. 外国人でも現地銀行で住宅ローンの組成が可能
4. 売買契約書など各種書類が英語

【デメリット】
1. 外国人に対して最低購入価格規制が設定
2. 先進国と比べて不動産に関する情報量が少ない
3. 先進国不動産と比較して流動性が低い

 

投資物件例

物件名 Aria Lucury Residence
建物情報 総戸数174戸(45階建て)
所在地 KLCCエリア
物件価格 RM1,930,888RM(4,904万円)
専有面積:108平方メートル

 

関連記事

  1. 台湾・馬祖(マソ)島のカジノ計画とは

  2. カンボジアのカジノ情報

  3. マレーシアの優遇税制や経済特区の目的

  4. カンボジア金融機関のポイントと銀行口座開設への道

  5. アジアの富裕層は世界最速ペースで資産を拡大中

  6. アジア富裕層の大半は自身が100歳まで生きると予想している