アジア富裕層獲得に向けたファムトリップの例 -富山県-

写真:©Adobe Stock
富山県は全日空(ANA)のグループ会社で、旅行商品の企画販売を手がけるANAセールスと連携し、訪日プロモーション事業の一環とし東南アジアの富裕層向け旅行会社を県内に招聘し、ファムトリップおよび県内観光事業者との商談会を開催する。

この事業では、立山黒部アルペンルート及びその周辺の観光資源をアピールすることにより、観光素材の紹介や現地における営業活動を通じて東南アジアからの訪日旅行者増加を目指す。

招聘するのは、インドネシア、シンガポール、タイ、ベトナム、フィリピン、マレーシアの旅行会社計7社7名と、ANA現地支店の営業担当者9名。ファムトリップでは、羽田空港から富山空港を経て、富山市内の見学、立山黒部アルペンルート、立山長、高岡市、南砺市内を見学します。商談会は9月12日(水)16時から18時30分まで、ANAクラウンプラザホテル富山で開催される。

参照:富山県ニュースリリース

ルート・アンド・パートナーズでは地方創生やDMOなどをはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. ベトナムにある日本人学校の特徴

  2. 富裕層が牽引するインドネシアの電子決済事情

  3. マレーシア企業による日本市場参入の動向について

  4. カンボジアでの法人設立における法規制は?

  5. インドネシアでビジネスを行う際の注意点とは

  6. 富裕層だけじゃない?日本の不動産を買いたがる中国人