スリランカの今後の動向や経営者が着目するクールジャパン

スリランカは自然豊かな気候が特徴であり、西洋では紅茶の産地として重宝されています。
日本もスリランカへビジネス展開を模索する動きがあり、こういった一連のプロジェクトを「クールジャパン運動」と呼んでいるのです。
現地に住む人気があるブロガーにサービスを広めてもらう活動を行いながら、徐々に認知度を高めていくことを採用しているため、今後新たなビジネスへの期待が広まっています。飛躍的に需要を伸ばす行動が見られれば、各産業の動向にプラスの側面が増えていくようになり、最終的に支持層を広げていく中身が生まれていくのです。集客率を高める取り組みはサービス業を中心にすでに始まっているものが多いため、革新的なプロジェクトを発起させることが切望されています。スリランカのよさを知って、訪日客を増やす努力を企業がそれぞれ実行していくことも重要です。
経営者が見るべきポイントをマスターしていければ、海外向けのサービスを成功させる可能性が増えていくようになります。
このような行動を振り返り、スリランカの人材を育成したり発掘するという内容へ結び付けていくことも大切です。
実際に起こっていることを自分自身の目で確認することが大事なのです。

関連記事

  1. アジア第2位の日本企業進出国「タイ」

  2. カンボジアのビザ・治安・通貨

  3. アジアの富裕層が世界最速のペースで資産を拡大

  4. 中国人富裕層もターゲットに、新潟米の輸出が8年ぶりに再開

  5. アジアの富裕層を描いた恋愛コメディ、思いがけない観光ブームを生んだそのわけとは

  6. ジェック経営コンサル、伊勢丹バンコクと連携しタイ富裕層向けに文化体験ツアーを販売