中国人富裕層にとっての日本に旅行に行くというステイタス

日本を訪れる中国人観光客の増加が以前続いている。いわゆる「爆買い」は収まりるるあるが、渡航客は、ここ数年は毎年過去最高を更新している。しかし、いくら人口が多く、お金持ちが増えているとはいえ、
中国人全員が日本を簡単に訪れることができるわけではない。ビザ取得要件の緩和がされたもののいまだに富裕層でなければビザが取りづらいというのも事実のようだ。
中国メディアの「今日頭条」はこのほど、「中国人富裕層はなぜ日本へ旅行したがるのか」と問いかける記事を掲載した。

 日本が中国人にとって、タイに次ぐ人気の渡航先となっているようだ。中国人が日本でしたいことは、
「テーマパークで遊ぶ」が60.8%、「グルメを満喫する」が51.7%、「ショッピング」が50.6%、「お花見」が42.3%だったという。

 日本を旅行で訪れるためのビザを申請するためには、一定の収入や資産があるという条件をクリアしなければならない。外務省のホームページによると、「“相当な高所得者とその家族”に対しては,有効期間5年,1回の滞在期間90日以内の数次ビザを発給します」と記載がある。
もちろん、団体ビザで取れば比較的リーズナブルにとれる。しかしこれが個人ビザとなると高額になり、手続きも煩雑化するという。それでも個人ビザで訪日する「富裕層」の中国人は、日本のどのようなところに魅了を感じているのだろうか。

 記事の分析によると、「日本では中国から伝わった歴史文化が、さらに洗練されて発展し日本独自の文化として根付いていること」が、大きな魅力となっているという。こうした「日本の文化を体験する」ために、団体のツアー客が行かないような場所を選ぶようになっていると主張した。また、サービスの質が良く、中国では体験できないサービスも中国人富裕層にとっては大きな魅力となっていると指摘したほか、治安が良いため、安心して滞在できるのも魅力であると強調。多額の資産を持つ富裕層にとっては確かに治安はきになるところだろう。

 つまり、中国人富裕層にとって日本は環境や治安が良く、どこへ行っても質の高いサービスが期待できるという点が魅力なのだ。お金にゆとりのある中国人は個人で日本を訪れ、団体旅行客が訪れない場所で日本ならではの体験をして、日本ならではの時間を楽しんでいることがわかる。

一方で、2019年1月4日から緩和されるという通知があり、それが実施されている。内容は、
「過去3年以内に2回以上個人観光ビザを取得して訪日した中国人が数次ビザを申請する場合の提出書類を簡素化し、経済力を証明する書類の提出は不要とする。」これにより、これまでに日本に来たことある富裕層は更に来やすくなることは間違いない。

中国人来訪者は今後も、まだまだ増えていくことが予想されるだろう。

記事元(にこにこニュース)はこちらから


関連記事

  1. 歴史から見る避暑地と富裕層ビジネス

  2. マレーシア

    マレーシアの富裕層をマーケットする

  3. 日本人富裕層の金の保管場所はタイが最適!?

  4. ベトナム

    ベトナムの不動産投資状況

  5. 中国人富裕層が買い求めるメイドインジャパンの仏壇とは

  6. ベトナム・ダナンに富裕層に人気のシェラトングランドがオープン