カンボジア

カンボジア不動産市場の特徴

プノンペンなどでは高級物件がよく売買されていましたが、ここ最近は新規投資の数は少ないと言われています。
法制度が不透明なことも、注意が必要なポイントのひとつです。

 

不動産投資メリットデメリット

【メリット】
1. 高成長や人口増加を背景に高リターンが期待
2. 外国人でもコンドミニアムの購入・所有が可能
3. 物件代金や家賃の決済にドルが使える
4. 個人に対する不動産等のキャピタルゲイン課税がない
5. 外国人でも現地銀行で住宅ローンの組成が可能(一部物件)

【デメリット】
1. 日本との租税条約が締結されていない
2. 他の新興国と比べても不動産に関する情報量が少ない
3. 先進国不動産と比較して流動性が低い

 

投資物件例

物件名 De Castle Royal (3BR)
建物情報 総戸数414戸(地下3階32階建て)
所在地 プノンペン
物件価格 412,368USD(4,417万円)
専有面積:165.80平方メートル (2,562sqft)

関連記事

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る