ミャンマーの不動産投資状況

ミャンマー

ミャンマー不動産市場の特徴

ヤンゴンや工業団地の開発エリアを中心に地価が上昇していたミャンマー。
しかし、上昇し過ぎたために、近年は逆に地価が下がってきています。
法制度の整備不足や、多民族国家に起因する民主化および外国投資に対するハードルなどのリスクもあり、今後もこれまでと同様に経済発展が続くかどうか不透明な部分があります。

 

不動産投資メリットデメリット

【メリット】
1. 物件価格の安価
2. 経済発展による物価上昇
3. 誠実な国民性

【デメリット】
1. 不動産譲渡に制限がある
2. 他の新興国と比べても不動産に関する情報量が少ない

 

投資物件例

物件名 スターシティ
所在地 ヤンゴン
物件価格 $350,000(3,570万円)
専有面積:111.6平方メートル(1202sq ft)

関連記事

  1. プライベートバンキングアジア2016で感じた、考えた

  2. 中国の富裕層向け介護サービスの進出が日本での需要を追い越す勢い

  3. 企業が手掛けたオススメポイントとモルディブの代表的なカジノ

  4. カンボジア

    カンボジアの不動産投資状況

  5. ベトナム企業が日本市場参入を決意する背景と今後の動向

  6. シンガポール、住宅購入者印紙税は「巧妙な富裕税」