21名の超富裕層、無一文だった頃

写真:©Adobe Stock
億万長者は、必ずしも銀スプーンで育ったような裕福な家に生まれているわけではない。実際には、多くの有名な億万長者が貧困を経験している。驚異的な飢餓と忍耐を通じ、自分の足かせから飛び出し成功を遂げた。そんな貧しい人生から億万長者になった21人を紹介する。

GuyLaliberté(純資産:12億ドル)はCirque du Soleil(シルク・ド・ソレイユ)を設立する前の消防士だった。
カナダ生まれのサーカス集団、サーカス・バスカーで竹馬に乗りながらアコーデオンを演奏し、火を食べた。その後、彼はチャンスを掴むため、ケベック州からロサンゼルスまで、片道チケットでサーカス団を移動させ、ラスベガスに行きシルク・ド・ソレイユを設立。彼は今、シルク・ド・ソレイユのCEOとなった。

Alan Gerry(純資産:14億ドル)は、ケーブルビジョンになるテレビネットワークをスタートさせた。
ロシア移民の息子として育ち、海兵隊のキャリアを追求するために高校を中退した。軍隊に就いた後、小さなテレビ修理事業となり、1956年に、彼は1,500ドルでケーブル会社を買い取った。1996年に27億ドルでタイムワーナーに売却されたケーブルビジョンとして知られるようになった。

Kenny Troutt(純資産:14億ドル)
Communicationsの創設者であるKenny Trouttは、バーテンダーの父親のもとに育ち、生涯保険を解約して南イリノイ大学の授業料を自分で支払った。1988年に創業し、1996年に株式公開されたExcel Communicationsから資金を得た。2年後、TrouttはTeleglobeと彼の会社を35億ドルで買収した。彼は現在退職し投資をしている。モンペリエ・ラグビー・クラブの社長兼CEOのアントレプレナー・ムーテッド・アルトラッドは、フランスに移住した日に出会った。

Mohed Altrad (純資産:26億ドル)
シリア砂漠の遊牧民に生まれ、父親にレイプされ、若くて亡くなった貧しい母親の元に生まれた。そのため祖母によって育てられた。祖母は、ISISの首都であるRaqqaの学校に通うことを禁止したが、とにかくアルトラッドは学校に通っていた。彼が大学に通うためにフランスに移住したとき、彼はフランス語を知らず、1日に1回食事にありつく生活だった。それでもコンピュータ科学の博士号を取得し、いくつかの大手フランス企業で働き、最終的に倒産した企業を買収し、足場とセメントミキサーの世界的メーカーであるAltrad Groupに変貌させた。彼は以前、フランスの起業家・世界の起業家と呼ばれていた。

Howard Schultz(純資産:29億ドル)
スターバックスの創設者は、貧困層の住む集合団地で育った。団地の反対側に住む人たちが、自分たちより多くのお金と幸せな家族を持っていることを子供ながらに知っており、どのようにこの団地のフェンスを越えていくか、何かを達成したいと思っていた。シュルツは北ミシガン大学へのサッカー奨学金を獲得し、卒業後にゼロックスで働くことになった。その後、彼は1987年に当時は60店舗しかいないスターバックスという喫茶店を引継ぎ、CEOに就任した。瞬く間に、世界16,000店舗以上の一大コーヒーチェーンとして成長させた。彼はその後、コーヒー大手のCEOとしての役割を辞任し、2018年に執行役員も辞任した。

Oprah Winfrey(純資産:29億ドル)
ウィンフリーはミシシッピ州の貧しい家庭で生まれたが、テネシー州立大学への奨学金を獲得し、19歳でアメリカの最初のアフリカ系アメリカ人としてテレビ特派員になった。1983年にウィンフリーはシカゴに移り、後に「オプラウィンフリーショー」と呼ばれるトークショーの司会に就いた。

John Paul DeJoria(純資産:32億ドル)
ヘアケア帝国とパテロンテキーラの帝王として君臨するが、かつては車の中で暮らしていた。10歳になる前は、クリスマスカードと新聞を販売して家族を支えていた。彼は軍に加わるまでの時間を里親の家で過ごした。DeJoriaは、700ドルのローンを組んで、John Paul Mitchell Systemsを創設し、車の中に住みドアを開けてシャンプー販売をしていた。彼は後にPatron Tequilaを創業し、現在は他の業界にも投資している。

Do won Chang(純資産:33億ドル)
Forever 21創業者は、1981年に韓国からアメリカに移住した後、同時に3つの仕事をしなければならないほど貧しく、管理人、ガソリンスタンドの店員、コーヒーショップで働いていた。彼らは1984年に最初の衣料品店をオープンし、現在ではForever 21は世界790店舗の店舗数を誇っている。

Ken Langone(純資産:36億ドル)
投資家ケン・ランゴーネの両親は、配管業者やカフェテリアの労働者として働いていました。
Bucknell大学でLangoneの学校に払うのを助けるために、彼は奇妙な仕事をし、彼の両親は自宅に住宅ローンをしました。Langoneは1968年にRoss Perotと共同で電子データシステムを公開しました。 2年後、バーナード・マーカスと提携してホームデポを開始しました。ホームデポは1981年にも公開されました。

Stephen Bisciotti(純資産:45億ドル)
ボルティモア・レイヴンズのオーナー、ステファン・ビスキオッティは、8歳の時に父親を失い、その後ソールズベリー州に留学中に大学に通いながら働かなければならなかった。彼は続けて、23歳の時に世界最大の人材紹介会社の1つであるAllegis Groupになる会社を共同設立した。現在では、メリーランドのNFLのボルチモア・レイヴンズのチームを所有しています。

Shahid Khan(純資産:70億ドル)
彼は現在、世界で最も豊かな人の一人だが、パキスタンからイリノイ大学に通っているとき、時給1.2ドルで食器洗いとして働いていた。カーンは現在、米国最大の民間企業の1つであるFlex-N-Gate、NFLのジャクソンビルジャガー、サッカークラブフルハムを所有している。

Ralph Lauren(純資産:72億ドル)
Ralph Laurenはニューヨークのブロンクスの高校を卒業後、大学に入学して陸軍に加わった。 Brooks Brothersの事務員として働いていた時、Laurenは男性がより幅広いデザインと明るいデザインの洋服がないことに疑問を持ち、1967年に彼は自分の夢を現実にするため50万ドルの預金を投じてポロを創業した。

George Soros(純資産:80億ドル)
伝説のトレーダーであるジョージ・ソロスは、ハンガリーのナチス占領で生き残り、貧しい大学生としてロンドンに到着しました。10代前半では、ソロスはハンガリーのナチス占領から安全を守るためハンガリー農業省の従業員として働き 、1947年ソロスはロンドンで親戚と一緒に暮らすために脱出した。彼は、ウェイターと鉄道のポーターとして働く傍ら、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで学んだ。卒業後、ニューヨークの銀行へ就職した。 1992年、英ポンドに対する投資で10億ドルをもたらし一気に財を得た。

Jan Koum(純資産:91億ドル)
WhatsAppの創設者Jan Koumはキエフ、ウクライナで生まれた。16歳で母親とカリフォルニアに移住し、政府の支援を受けてアパートを確保した。生き残るために、彼は地元の店で床掃除をした。自分自身でコンピュータスキルを学び 2009年には、Facebookが2014年に220億ドルで購入した世界最大のモバイルメッセージングサービスWhatsAppを共同設立した。

Roman Abramovich(純資産:115億ドル)
ロシアのビジネス界の大、チェルシー・フットボールクラブのオーナー、ローマ・アブラモビッチは、ロシア南部で貧困に陥り2歳で孤児になった。彼はロシア北部の亜寒帯地域で叔父とその家族のもとで育ち、モスクワ自動車輸送研究所の学生である1987年に、プラスチック製のおもちゃを生産する小さな会社を立ち上げ、最終的に石油ビジネスを見つけ出し、石油産業の中で自分自身の名を馳せた。その後Sibneft社の唯一のリーダーとして、彼は世界で4番目に大きな石油会社になった合併を完了した。同社は2005年に国営ガス田のガスプロムに130億ドルで売却された。彼は2003年にチェルシーフットボールクラブを買収し、2010年には世界で最も大きなヨットを所有している。ロシアのプーチン大統領と密接な関係にある。

Lakshmi Mittal(純資産:178億ドル)
鉄鋼大手のArcelorMittalのCEOであるのラクシュミ・ミッタルは、1950年に貧しい家庭に生まれた。鉄鋼業界での約20年間以上で財産の基礎を確立し。今日、Mittalは世界最大の製鉄会社を経営しており、従業員は数百万人にのぼる。

Leonardo Del Vecchio(純資産:235億ドル)
未亡人の母親のもとに5人兄弟の一人として生まれ、最終的に孤児院で育った。その後、自動車部品や眼鏡フレームの金型を作る工場で働くことになったが仕事中に指の一部を失った。23歳で、Del VecchioはRay BanとOakleyのようなブランドでサングラスとメガネの世界最大のメーカーになるべく、自身のモールディングショップをオープンした。

Francois Pinault(純資産:327億ドル)
Pinaultは現在ファッションコングロマリットKering(旧PPR)の名誉会長である。高級品巨人フランソワ・ピノートは1974年に貧困で虐待を受けたため高校をやめた。実業家として、Pinaultは、市場が崩壊したときに小規模企業を数分の1のコストで購入するという「predator」戦略で知られている。結局グッチ、ステラマッカートニー、アレクサンダーマックイーン、イヴサンローランなどのハイエンドファッションハウスを所有するPPRを創設。現在、彼はクリスティーズを所有しています。

Li Ka Shing(純資産:331億ドル)
Ka Shingは1940年代に香港本土から中国を脱出したが、彼が15歳の時に父親が死亡し、家族を養うために学校をやめなければならなかった。1950年、彼は最初にプラスチックを製造していた自営業のCheung Kong Industriesを立ち上げました。同社はその後、不動産事業にも拡大した。

Sheldon Adelson(純資産:381億ドル)
運転手の息子として生まれたアデルソンは、マサチューセッツ州ドーチェスターで育ち、12歳で新聞を販売し始めた。ニューヨークのシティカレッジを中退した後、数年後に自動販売機を稼働させ、新聞広告を販売し、小規模企業を一般公開し、コンドミニアムを開発し、トレードショーを開催する財産を成し遂げた。アデルソンは大不況の中でお金のほとんどを失ったが、彼はその翌年には多くのお金を稼いだ。彼は現在、世界最大のカジノ会社であるラスベガス・サンズを経営しており、アメリカで最も高い評価を得ている政治献金者とされている。

Larry Ellison(純資産額:602億ドル)
Oracleのラリー・エリソンは、ニューヨークのブルックリンに生まれ、エリソンはシカゴの叔母と叔父によって育てられました。彼の叔母が死んだ後、エリソンは大学を中退し、カリフォルニアに移って次の8年間、雑用の仕事をした。1977年にソフトウェア開発会社Oracleを設立し、現在は世界最大のテクノロジー企業の1つで、現在はOracleのCTOおよび執行役員だ。

参照:Business Insider

富裕層は親からの資産を受け継いだ銀のスプーン育ちの人ばかりではない。いずれもチャンスを逃さない努力を怠らなかった結果だろう。

ルート・アンド・パートナーズでは東南アジアや欧米豪の富裕層をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. 日本版IRはシンガポールの先例を吸収せよ

  2. 台湾とは

  3. タイ富裕層オススメのバンコクのレストラン

  4. 富裕層滞在にお勧めのラグジュアリーアパートメント「セドナ スイーツ ホーチミンシティ グランドタワー」

  5. モルディブのビジネスに関する動向と支えるクールジャパン計画

  6. 海外輸出の促進に千葉県知事がトップセールス