日本人向け教育施設が充実していて各学年の就学率が高いマレーシアの教育制度について

2020年に先進国の仲間入りへ!

マレーシアは、2020年までに先進国の仲間入りを果たすという国家目標を掲げています。
そのために教育に大変力を入れています。
ですからマレーシアの教育制度について知ることができれば、この国のことが見えてきます。
マレーシアでは初等教育6年、中等教育が5年、大学予備教育が1年から1年半となっています。
各学年の就学率は、初等教育では95%を超えていて中等教育でも94%を超えています。
この就学率は他の国々と比べてもとても高く、マレーシアの初等教育や中等教育は先進国並みの水準にあると言えます。
このことからも、マレーシアではいかに教育に力を入れているのかが分かります。
またマレーシアには日本人向け教育施設が充実していることもあり、教育熱心な方は子供の為にマレーシアに移住をするほどです。
移住をするほどの魅了は、日本人向け教育施設が充実していること以外にもあります。
マレーシアの物価は日本と比べると驚くほど安いのです。
そのため生活費にそれほどお金がかからないので、その分を教育費に充てることができます。
またマレーシアの都市部では英語を話す人が殆どなので、自然と英語を身に付けられる環境で子供を育てることができるという利点もあります。
そういった理由から、子供の教育の為にマレーシアに移住をする人もいます。

関連記事

  1. スリランカのカジノで遊ぶオススメ情報

  2. 北海道新聞社タイのサイトで道産食材を富裕層へ向けてPR

  3. プライベートバンキングアジア2016で感じた、考えた

  4. 中国人富裕層が高級ブランドの情報収集にWeChatを使用していない理由

  5. 始まったアジア富裕層のオフショア卒業

  6. 止まらない中国人富裕層の金・ジュエリーの購入熱