サムイ島の不動産購入と主な注意点

タイのサムイ島では不動産投資を積極的に呼びかける活動を行っており、地方では買占めといった現象が起こっています。
早期に保有しておけば、不動産購入を一歩リードしたかたちで締めくくることができるようになるため、外国人がやるべきことや主な注意点を学んで置く姿勢が大事なのです。またサムイ島はリゾートアイランドの異名を持つ未知の領域が多い地域なので、ロケーションを重視しながら適切な方法を考えていく部分が必要です。現地のエージェントの活動を通じて、必要になる情報からまずは収集してみることが大切となっていきます。
法人名義で購入した場合は、登記簿の管理が重大な側面となっていきます。問題意識を高めていくためにも、サムイ島の常識をあらかじめ伝えるという活動が鍵を握ります。プロジェクトを支援する仲介業との関わりが今後の展開を大きく左右していくこともあり、不動産購入においては綿密に現地の情勢を調査する内容が大事になってきます。数年後への確実な投資という名目でサムイ島に不動産を持つことができれば、十分な資金の蓄えを得る状況が現実のものになり得ます。
ビジネスチャンスがある今、決断をして行動に移すことが必要なのです。

関連記事

  1. ベトナム企業が注目するグローバル化の特徴とホーチミン日本人会

  2. 10年単位で考えたいカンボジア進出

  3. カンボジアでのクールジャパン

  4. 台湾の治安と交通手段

  5. インドネシア富裕層の購買の特徴(2)

  6. ベトナム企業の動向やビジネスチャンスが広がるクールジャパン