これまでのインドネシアでのクールジャパン戦略と今後の動向

人口が多く経済発展を続けているインドネシアは、日本のクールジャパン戦略において重要な市場です。
そのため、政府も積極的にクールジャパン戦略をインドネシアでも展開しており、ポップカルチャーの見本市や日本文化を紹介するイベントを開催しています。
こうした日本政府の積極的な取り組みもあり、現在のインドネシアにおけるクールジャパン戦略の動向は、様々な事業が行なわれています。
マンガやアニメといったサブカルチャーから、ハラル認証を取得し日本の食文化を紹介したり、ファッションや美容などを紹介するガールズカルチャーまで、インドネシアでのクールジャパン事業は多角化しています。
こうした積極的な取り組みの成果が現われているのか、インドネシア国内で和牛がブームになったり、日本の文化を好む若者も増加中です。
最近ではクールジャパン戦略で日本のことを好きになり、日本を旅行するインドネシアの人々も増えてきました。
日本政府は今後も様々な事業を通して、インドネシアでクールジャパン戦略を進めていく予定です。
ですから、今後の動向としてもますます日本文化が紹介されることになり、日本をもっと好きになる現地の人が増えてくるかもしれません。

関連記事

  1. 台湾・馬祖(マソ)島のカジノ計画とは

  2. 中国人富裕層の海外不動産投資事情、仮想通貨は元を凌ぐか?

  3. 富裕層の囲い込みを狙う「第2のマカオ」目指す街、カンボジア・シアヌークビル

  4. シンガポールで法人設立することのメリットとデメリット

  5. 増え続けるアジアの富裕層が狙う東京の不動産

  6. カンボジアのプライベートバンクの将来性と画期的な口座開設