バンコクで不動産購入する際の注意点

経済成長が大きく、物価が安いことが大きな魅力のタイのバンコクで不動産購入を考える人も多くいます。
対日感情もとても良く日本人にとって住みやすい国と言えます。
そのタイの首都のバンコクやその近郊においては日本円で約360万円(100万バーツ)位から新築のコンドミニアムが購入できます。
不動産購入して10年程度が経過しても今発展中の国とのこともあり、価格が下がることなく上昇するケースも多くあるのも魅力です。
土地付き不動産購入、コンドミニアム購入では、販売会社の資本の割合にも違いがあるので信頼できる人に依頼することが大切になります。バンコクで不動産購入をする時の注意点としてはそれが新築物件、中古物件により購入する時のステップが違ってきます。
また、購入した物件を賃貸にして不動産経営をしたいと思っている人もいます。タイでの住宅事情は賃貸より購入派が圧倒的に多いのです。しかし、賃貸を望む人がいないということではなく、月々の家賃が約18,000円(5000バーツ)以下の価格帯で多くあるとのことです。バンコクでは5000バーツ以下の家賃のものが多数あり、少しの郊外になると2000バーツ前後の安い家賃もあります。まず、バンコクで生活をしてみて不動産購入の注意点を実感してから考えるのがすすめられます。

関連記事

  1. 今話題のリゾートワールドカジノの概要とその特徴とは

  2. カンボジアの和僑会

  3. 富裕層だけじゃない?日本の不動産を買いたがる中国人

  4. シンガポールにおける教育制度の特色

  5. 高島屋、バンコク在住富裕層をターゲットとした「サイアム高島屋」をオープン

  6. UBS、新しい富裕層ファミリーオフィスビジネス市場としてアジアに注目