フルン総合研究所、中国の富裕層消費インデックス2018を発表

フルン総合研究所によると、中国の富裕層の消費者物価指数は、2018年6月に4.1%上昇し、6月の中国全人民元指数の1.9%の成長率をはるかに上回った。これは、2006年以来、12年連続、中国の富裕層の個人指数が89%上昇したことを示している。高級な種類、たばこ、紅茶の価格は、昨年の2.6%の成長となり、今年12%の最高値を記録した。

富裕層向けアクセサリーやスキンケア製品は、今年7.2%の価格上昇を見せ、レジャー用品は5.6%価格上昇した。時計や宝石の費用は今年も3.8%の伸びを続けているが、不動産は昨年の16.6%の成長と比較して冷え込み、3.4%という僅かな上昇にとどまった。

アナリストは為替レートとマクロコントロールに大きく左右されているとみている。高級車の価格は今年3.1%上昇し、医療とハウスキーピングは1.8%と小幅ながら上昇した。結婚式のお祝い等のサービスは2.7%と価格は下がり続け、ヨットや飛行機の価格に関しても今年は5.9%下がった。

報告書によると、108のサンプル品目の39%は輸入品である。胡錦濤国家主席は、昨年同時期と比較して人民元が上昇したことで、ヨーロッパや北米から多くの品物を購入できると述べた。ギフトリストのトップ10にランクインしているのは、Appleは依然として人気だが、豪華な酒類メーカーのMaotaiが、唯一の中国ブランドで5位に続ランクインした。

富裕層の消費行動としては、レジャーの中で乗馬に次いでセーリングが人気のある。スポーツでは、スイミング、ゴルフ、ランニング、バドミントンは、男性富裕層の好きなスポーツで、女性はスイミング、ヨガ、ランニングを好んでいる結果となった。

旅行先として、モルディブは最も行きたい旅行先のリストとなり、日本は今年2位、米国は6位となった。

2017年のフルン総合研究所によると、中国国内で2017年1月1日までに6百万元(877,706米ドル)以上の財産を所有していた富裕層世帯数は1.27百万人。​​3億6200万人が600万元の投資資産を有していた。投資可能資産1,000万元を含む、1,000万元以上の資産を持つ高所得世帯は、147万人に上り、9.7%増加した。1億元以上の超高額資産家庭は、11.6%増の99,000人、うち59,000人は1億元の資産を所有している。3,000万ドルの財産を保有する国際的な超高純資産額は13.3%増の6万5000台に達し、3万9000世帯は3,000万ドルの投資財産を有している。

中国のユニコーン企業の増加に伴い、今後も中国の富裕層人数は増加の一途をたどるとみられている。

参照:China Daily

ルート・アンド・パートナーズでは東南アジアや欧米豪の富裕層をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. 富裕層向け金融サービスと台湾ビジネスの動向そしてMICE

  2. タイのセントラルグループがロングステイの富裕層を対象にプーケットに商業施設を開店

  3. サムイ島の動向と不動産投資に前向きな日本のクールジャパン

  4. インドネシアの到着ビザ以外のビザの種類

  5. タイ富裕層の高級車需要を狙うランボルギーニ。バンコクに大型ショールーム

  6. 21名の超富裕層、無一文だった頃