マンダリンオリエンタル新規ホテルを北京に建設

写真:©マンダリン オリエンタル 王府井・北京:2018年開業予定
世界各地でラグジュアリークラスのホテルとレジデンスを展開するマンダリン オリエンタル ホテル グループ(本社:香港、最高経営責任者:ジェームズ・ライリー)は、アジア地区に新規ホテルを以下の通り、開業いたします。観光、ビジネスの両面において重要な地域として捉える中国、北京に新しくオープンすることで、マンダリン オリエンタル ホテル グループが誇る、長年語り継がれる伝説のホスピタリティをお届けいたします。

マンダリン オリエンタル 王府井・北京

マンダリン オリエンタル 王府井・北京は、北京の中心部、東城区にオープンする複合商業施設「WFセントラル」内に開業いたします。市内屈指の繁華街に誕生する「WFセントラル」は、最上階2階を占める当ホテルの他に、ショッピング店舗やレストランを擁し、北京を代表する観光地、紫禁城や天安門広場へも徒歩でアクセスが可能です。世界的に有名なコーン・ペダーセン・フォックス建築事務所がデザインを手掛け、スイートルームを含む全74室の広々とした客室からは、紫禁城など北京のランドマークを一望いただけます。

マンダリン オリエンタル チェンメン北京


写真:©マンダリン オリエンタル チェンメン北京:2019年開業予定
外資系ホテルグループとして初めて、北京歴史文化保護区にホテル開業を果たすマンダリン オリエンタル チェンメン北京。元の時代(13世紀)の面影が残る北京歴史文化保護区内の胡同(北京特有の細い路地)に位置し、北京を代表する主要観光地である天安門広場、天壇、紫禁城へも徒歩でアクセスができる便利なロケーションに誕生いたします。最新の設備を備えた中国の伝統的な建築様式「四合院」(中庭を囲んで四方に建物を配した建築様式)を織り交ぜて改修した当ホテルは、四合院スタイルの客室やダイニング施設、ロビーラウンジを細い路地で行き来することができ、中国の伝統文化を体験いただけるユニークなコンセプトを採用しております。

参照:マンダリン オリエンタル ホテル グループ / 2018年6月21日 プレスリリース

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層マーケティングリサーチのほか、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. ハラルミートの飛騨牛をイスラム圏へ輸出開始

  2. 富裕層も注目の2019年アジア主要3カ国の選挙戦

  3. 英国伝統校の進出が相次ぐマレーシア

  4. 中国人富裕層の海外不動産投資事情、仮想通貨は元を凌ぐか?

  5. 海南島が富裕層ヨットの寄港場として2025年の完成目指す

  6. インドネシアとは